本文へ移動

ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「知る専」表彰式に行ってきました!@文部科学省

2021-12-02
カテゴリ:ニュース,ブログ
こんにちは。教員の米永です。先日、特設ポータルサイト「知る専」のロゴマーク表彰式に行ってまいりました。

「知る専」とは?

表彰式の概要の前に、まずは、本校の学校種のお話をしなければなりません…

本校は「芸術工芸高等専修学校」。
「専修学校高等課程」に値し、中学校卒業後の進路先の1つとして設置されています。学習指導要領に縛られず、専門的な学習を進めることができます。本校はデザイン科。分野は「文化教養」です。生徒たちは日々美術やデザインを学んでいます。

くわしくは以下のサイトをご覧ください。↓
高等専修学校のことが知りたい|専修学校 #知る専 (mext.go.jp)

また、一般的に言う「専門学校」は「専修学校専門課程」というくくりになります。こちらは高等学校卒業後の進路として有名ですね。

そんななかで、中学卒業後の幅広い進路として「専修学校」を知ってもらおうという試みが、「知る専」です。広報用の特設サイトで使用されるロゴマークコンテストに本校からも応募しました。

「知る専」とは→【文部科学省】専修学校#知る専|専門学校や高等専修学校のまとめサイト (mext.go.jp)

そして!全国の応募者の中から高等学校・高等専修学校部門・優秀賞に本校3年生の栗原眞輝さんの作品が選ばれました。

栗原さんの作品はコチラ→「#知る専」ロゴマークの受賞作品|専修学校 #知る専 (mext.go.jp)

優秀賞を受賞したということで、文部科学省内で行われる表彰式に出席してきました。
控室に通され、表彰の練習を他の受賞者のみなさんと一緒に行います。

少しの休憩時間の後、文部科学大臣室にて表彰式が行われました。

文部科学大臣から直々に表彰状を受け取って…
栗原さんは緊張した面持ちでしたが、立派にこなしていました!受賞おめでとう…!
その後、大臣との懇談会があり、作品のコンセプトについてお話していました。
この賞状、受賞作品が透かしで入っていて、世界に1つだけの賞状になっています。粋な計らいに感謝。

その後、文部科学省内の記者会見の会場を見学したり、省内で働いている方々に挨拶したり、窓から見えるその他省庁を眺めたりしました。
今回、教員は引率として同行しましたが、中々入ることのない施設で、とても興味深いものばかりでした。

栗原さんも二度とない貴重な機会で、有意義な時間が過ごせたようです。同じ美術・デザインを学んでいる同年代の学生がいて、刺激をもらえたのではないでしょうか。担任としても、とても誇らしく感じます。栗原さん、本当に受賞おめでとう!


こころの講演会を開催しました。

2021-11-15
カテゴリ:ブログ,行事報告
11月13日(土)に令和3年度こころの講演会を開催しました。
今回のテーマは、「アンガーマネジメントに学ぶ思春期の子どもとの向き合い方」。
保護者の方や学校教員の方等、計27名の参加者がありました。
多数のご参加、ありがとうございました。
講演では、講師の稲田尚子先生(帝京大学文学部心理学科)より、
アンガーマネジメントの基本的な考え方や「怒りをやわらかくする」ための様々な方法について、
分かりやすく説明して頂きました。
以下、参加者の感想をアンケートより抜粋させて頂きます。

・子どもが不登校で攻撃的な面もあるので、家での対応のヒントが頂ければと思い、参加させて頂きました。具体的な例や事例を交えてのお話しで、とても分かりやすく勉強になりました。周りの方の力を借りながら、ゆっくり子どもと向き合っていこうと思います。

・子どもに対してはもちろん、自分(親)の感情のコントロールにも役に立ちそうです。家に帰って今日の講演会の内容を改めて復習したいと思います。

・「怒りの気持ちをやわらかくする」という表現がとてもしっくりくると思いました。アンガーマネジメント、コントロールという言葉が多用されていますが、「やわらかくする」というのは子どもにとっても受け入れやすいと思います。

・基本的な部分をわかりやすく教えていただけたと思いました。“気持ち”はとても難しく、わかりにくいものですが、今日のテキストの図などを使いながら、自分の気持ちも振り返りながら、子どもと話をしていきたいと思いました。

・とても分かりやすい内容で、発達障害の子の特徴など、親にも役立つ方法を教えて頂き大変参考になりました。思春期という難しい年代の息子を持ち、不登校気味で悩んでいた私にとって、少し気持ちが楽になるお話を聞けて、ありがたかったです。
参加された皆様、貴重なご意見・ご感想を頂き、ありがとうございました。
今後も本校では、地域貢献事業として講演会等を企画していく予定です。

あたらしいおともだち

2021-11-13
カテゴリ:ブログ
こんにちは。
秋から冬へと季節が移り替わってまいりましたね。
寒い!
先日の文化祭も満員御礼でございまして(ありがとうございました!)
とても楽しい行事となりました。
それではいってみましょう。
*****
いつも通りの風景ですが、

おや?何やら下駄箱の上に箱がありますよ。
誰かの忘れ物でしょうか?なんでしょう?


金魚!!


そうなんです。実は私が受け持つ「デッサンⅠ」の課題で
動物を描くことにしまして、そのモデルとして来ていただいたわけです。
個人的には数年ぶりの金魚。
カルキ抜きをして、水草を沈めて…とワクワクしてしまいました。

かぁいいですね・・・。

というわけでわが校の新しいお友達のご紹介でした。


ドヤ顔でブログにあげましたが、
すでにインスタにあがってました。
そりゃそうだ購入したの夏だものね…。

芸工歴史動物園(2年生学年企画)

2021-11-11
カテゴリ:ブログ,芸工祭
こんにちは。2年生の担任の佐藤です。
今年の芸工祭でもそれぞれの学年がクラス企画を行いました。2年生は『芸工歴史動物園』と題した立体作品の展示でした。その様子をレポートしたいと思います。

『芸工歴史動物園』では現在も多く個体数のいる動物から絶滅危惧の動物、そして絶滅してしまってもう生きている姿を見ることが出来ない動物を見ることができます。

とても勉強になる企画ですね・・・・!!!!

それらのカテゴリー別に3班に分かれて制作しました。お互いに担当分けをする班もあればグループワークで進めていく班などそれぞれ。芸工祭当日に向けて準備をすすめていました。
当日は入口から順に絶滅の危機にない種、絶滅危惧種、絶滅種という順路にしました。それぞれの動物には説明書きのキャプションを置き、絶滅危惧種・絶滅種にはレッドリストの分類を紹介しました。
素材や制作方法、表現方法など一人ひとりこだわりがみえて良い作品群だと感じました。
立体作品も3次元的な立体から面取りしたような動物、レリーフに仕上げた動物など幅がありました。描画したものの他にも、ボタンや毛糸、テープや新聞紙など素材の特性を活かした作品もありアイデアをみることも感心させられました。


去年の水族館では暗く静かな印象でしたが、今年は明るく開放的な展示でした。
展示までは焦りや悩みもあったと思いますが、無事乗り越えて『芸工歴史動物園』ができたのは良かったと思います。

2年生の皆さんお疲れ様でした!!

デッサン講習会2021終了しました

2021-11-09
カテゴリ:ブログ,講習会
こんにちは。教員の佐藤です。
今年度で2回目の開催となるデッサン講習会。その最後となる3期が10月30日(土)に終了いたしました。3期の様子をお伝えいたします。

3期は『石膏像クロッキー』『卓上デッサン』『静物デッサン』をおこないました。

『石膏像クロッキー』は単にクロッキー(短い時間の中で形をとる描法)とおこなうだけでなく、形の修正を目的として1回目に描いて、2回目は1回目の修正をするといった内容で行いました。デッサンの制作でも形の修正、特に消しゴムでまっさらに消さずに描かれている上から修正していく工程を実感してほしいと思い、カラーペンで制作をしてもらいました。
生徒たちは課題の意図をしっかりと理解してくれて取り組んでいました。何より木炭紙大の大きい画面にやり直しのきかないペンで思いっきり制作できていたことに感心しました。

『卓上デッサン』は高校受験や大学受験でも出題されるところがあります。
構成、形態把握、描写力など基本的な力を見やすい反面、苦手とするところもはっきりと出てくる課題なので実力が分かりやすいと感じます。
皆さん積極的に取り組んでいました。画面にモチーフを描き切ろうというタッチがしっかりと入りとても良い作品になっていました。
『静物デッサン』は今までの集大成として、制作上のポイントはおさらいとして説明を行いました。また、「絵になる構図を見つける」ということをテーマにして生徒たちに考えてもらいながら制作をしてもらいました。
デッサン講習会3期は多くのお申し込みを頂き、満席とさせていただきました。
大勢の中での制作は我々の指導だけでなく、お互いに影響し合う部分も大きかったと思います。参加してくれていた在校生も受講生と交流している場面もあり刺激になったのではないでしょうか。

デッサン講習会2021にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
TOPへ戻る