本文へ移動

施設紹介

本校は多摩市と日野市の境近く、多摩市和田に位置し、野猿街道一の宮交差点のすぐそばにあります。
京王線の聖蹟桜ヶ丘から徒歩15分ほどですが、聖蹟桜ヶ丘駅からバス(運賃100円)で5分程度です。
バスの本数も非常に多く、朝の通学時間帯は5分おきに出ているため、通学も便利です。
また、小田急線・京王線多摩センター駅からバス(15分)、JR国立駅からバス(20分)も出ています。

住宅地の中にありますが、静かな環境のため落ち着いてしっかり学べます。

校舎外観

校舎は奥の建物です。2階建ての校舎には教室と集会が行える多目的室があります。

エントランス

開放感のあるエントランスにはミニギャラリーを設置しています。ギャラリーでは生徒たちの作品が展示されています。

一般教室

窓が大きく明るい教室。
ホームルームの教室になります。授業では国語や数学といった基礎科目はもちろん、主だった専門科目の実習授業でも使用します。

多目的室

普段はデッサンの授業を行っている教室です。高い天井やゆとりのある広い教室でのびのびと制作を進められます。その他にも式典などさまざまな用途で利用する教室です。

パソコン教室

実際にデザインの現場でも使われている本格的なソフトを使った実習はもちろん、WordやExcelなどのofficeソフトの基本操作も学びます。総合的な学習の時間や行事の前の事前学習など、さまざまな場面でパソコンを効果的に授業に取り入れています。

施設見学・入学相談は随時行っておりますので、お電話、メール、問い合わせフォームよりお申込みください。

校内風景より

校内に設置されたミニギャラリーでは生徒たちの作品が飾られています。
校内に設置されたミニギャラリーでは生徒たちの作品が飾られています。
デッサンの授業では広い空間をアトリエにして制作することができます。
1年生の初めに配られる初期教材は3年間通して使用します。
使い込んだ画材は次第に自分の手に馴染んでいくでしょう。
1階から2階へと続く階段にも生徒作品が展示されています。
授業風景より。
デッサンでは描く対象(モチーフ)をよく観察して描きます。
課題に合わせたさまざまなモチーフを用意しています。
デッサンでは描く対象(モチーフ)をよく観察して描きます。
課題に合わせたさまざまなモチーフを用意しています。
グループワークの時間割。
1年間、各学年の教室に展示されます。
文化祭が近付いた頃、放課後の1コマ。
文化祭では生徒の成果物発表も行っています。
多目的ホールが大きなギャラリーに!
図書室では美術や工芸に関する専門書が蔵書されています。
新入生を迎えるために在校生が作ったウェルカムボード。
親睦会・入学式のあとは図書室に展示されています。
TOPへ戻る